メイン

2009年08月23日

鎌倉の坂倉順三展

坂倉さんの建築雑誌を読んでいると無性に坂倉順三展を見に行きたくなりました。
日曜日で鎌倉までの道路の混雑をさけて、朝早くに家を飛び出し2時間ほどで到着、美術館の前の駐車場は無料でした。
この美術館で開催されることこそ、もう一つの意義があると思っています。
小さい美術館ですから、どのように展示しているかと期待に胸膨らませて行きました。
私の思っていた以上に、内容の濃い展覧会です。
毎年の様に大きなプロジェクトを計画して行くことは集中力とものすごいパワーを感じました。
http://event.telescoweb.com/node/9668

坂倉順三展-1-1

入り口に立っている看板
神奈川県立美術館

県立美術館の正面

コルビジェと坂倉順三
美術館の案内
美術館のアクリル模型

美術館のアクリル模型

2006年07月07日

神長官守矢資料館

私の好き建物がまた一つ諏訪湖の西、中央高速諏訪インターからくるまで5分地元出身の藤森さん設計の神長官守矢資料館を見学する機会がありました、藤森さんの美術館三味でいろいろな美術館の紹介が大変刺激になり印象的であります。今までも美術館回りをしていたのですが展示されている小さな世界に自分を写していたのですが、掛けられている作品の回りに演出されている空間があることに、今更ながらに認識することが出来ました。
神長官守矢資料館は、けして出しゃばりもせず、簡素な素材のオーケストラによってむしろ、新鮮な感じをこの建物で感じることが出来ました。
その建物の書庫と指定されている部屋に入った時、ダビンチの描いた最後の晩餐の風景を思い出しました。
書庫とは指定してありましたがそこにはいがいにも、スチールのテーブルと椅子が整然と並べられことが印象的でした。
トイレに通じる窓から見える山裾にたっている、ツリーハウスもまた面白く、2本の栗の木の上に巣箱を大きくしたような建物で、誰もが上ってみたくなると思います、子供の頃、木の上で小屋を造って遊んでいたことを思い浮かべ、自分だけの居場所にしたかったのではないかと想像します。

続きを読む "神長官守矢資料館" »

2006年05月23日

谷村美術館

Tanimura-Museum
谷村美術館は一つ一つの作品のための空間と光と距離を考えて自然光で楽しむことのできる美術館です。施主である谷村さんは、仏像彫刻家 澤田さんのために建築家 村野藤吾先生に設計を依頼、先生最後の作品だそうです。

外観から内部まですべてが異様な雰囲気で、ものすごい重さを感じる外観。
入り口を入ると広大な砂漠を思わせる庭園が広がり、本館までのアプローチは内部に入るまでの心構えと緊張感を感じさせる長い廊下。廊下は一間ほどの広さがあるのですが一列にしか歩くことができません。
心洗われるような廊下から内部に入ると、天井の低さ・緩やかなこう配の通路。そこから一転して、かすかな自然光の明かりに誘われるまま仏像の部屋に入ると、仏像の為に誂えられた空間と光の演出で時間を忘れてしまいます。

新潟県糸魚川市京ケ峰2-1-13
tel: 0255-52-9277