« | メイン | 三分一の湧水の家 »

シェルピンスキーの森

東名阪下り線の御在所サービスエリアで木陰を人口的に作っている作品がありました。

シェルピンスキーの森と題していました。内容は少しピンポケで読み憎くてすみません、確かに太陽の光が
樹木に遮られて木陰の雰囲気と涼しさを感じました。
欲を言うと風でたなびいたらもっと面白いかなーと思います。でも面白い考え方でした。

シェルピンスキーの森名称未設定-1
シェルピンスキーの森2