« 阪神淡路大震災から16年 | メイン | 30万㎞突破 »

八ヶ岳野辺山の家のソーラー

今年の冬は本当例年になく外気温が低いと言われています。
PM12:00外気温−5度を野辺山の温度計はさしていました。朝、晩の気温は−15度を超えていると思います。
この寒さの中でも、集熱温度70度室温14度、私自身も驚きました。身の引き締まる様な寒い外から入ると
20度近い温度差に太陽のありがたさに感激致します。
水抜きはいっさいしていない、給湯のボイラーを室内に取り込んであることからボイラー回りの凍結も全く
心配ない、建物の性能と障子にツインポリカが遮熱の効果を高めていると思われる。

八ヶ岳野辺山の家1
Omソーラー制御盤1
Omソーラー制御盤2