« 山中湖の家レポート10.9 | メイン | 秋の収穫 »

自然の中に神宿る

1997に完成した大泉の家
雑木林の中に溶け込んではいますがちゃんと存在感を感じます。
数年前に落ち着いたゲストルームを造りたいとの要望がありました。何処に造るか、離れとするか,など色々と思案致しました。
母屋との行き来のリスクを考えて増築をする事になりました。
半地下にして自然と一体になって生きている実感を感じさせる空間をこの場所に造りたかった。
時間を忘れてしまいそうな場所、神聖な場所がここ数年をかけて出来上がりました。
空を比さしでかくして林の中だけを見せる事でここに宇宙をイメージさせます。
一部屋の増築に私の思いが詰まっています。 

大泉の家-1-2

増築