« 蔵の街 川越へ | メイン | 植栽 昭和の家 »

Kさんの家 新築工事


Kさんの家 は店舗併用住宅
ozawa-standardであるVOLKS-Aの国産唐松集成材を構造材とし、むき出しのままの力強さと美しさを見せた素材と、敷地の形状の関係もあり住宅と店舗とを適度に離し落ち着きを持たせることに留意し、住宅と店舗との間は植栽で陰をつくりながら中庭を共有することができるように工夫を凝らしました。また、エントランス側の軒の高さを押さえて横の線を強調させ、シンプルなスタイルに計画しました。
OMソーラーは住宅と店舗と別に設置します。内部はむやみに天井高を上げず開口を大きく採り、外への視界の広がりを考慮しています。
 このVOLKS-Aというシステムがあるからこのようなスタイルの設計が可能なのです。
店舗への車の進入が住宅へ影響を与えないように道路に対して建物を30度ほど振ることで敷地に奥行きが出て内部からの視界の影響も少なくなりました。
住宅はおばあちゃん、夫婦,子供二人の二世帯住居で生活スタイルの違いを納戸を挟んで分けました。水回りは共有させて仕事の合間にスムーズに家事ができるように考えています。
完成までが楽しみです。