« 谷村美術館 | メイン | 山中の家【完成見学会】 »

板倉の屋根の吹き替え

yane.jpg
木曽の奥村設計所の板倉の屋根を吹き替えました。

昨年(平成17年)は、板倉の本屋の屋根を大工さんを中心として吹き替えましたが、今年はなんとか素人集団だけでと計画を立てていたものの、このごろの天気の変化は激しく、やはりプロの手を借りないと短時間で作業を終えることは出来ませんでした。

12年前の椹のヘギ材は、風雨にさらされていても傷んでいるところは少なく、多少は交換したものの大半の材は天地返しだけで再利用することができました。
 設計から施工に到るまで、常に美しさと隙間を無くすようにと心掛けている我々からは、想像することのできない作業です。きっちり隙間なく板を重ねて張ってしまうことで、逆に水はけが悪くなること、板が早く乾燥するように施工することで腐食しにくくなることなどを奥村先生から教えていただきました。
木の質や扱い方によっても違いはあると思いますが、先人の知恵と伝統的な仕組みには感動し、これを次世代に伝えることも我々の大事な使命であると胸に刻みました。

我々の作業が終わるのを待っていたのか、作業終了と同時に水漏れ試験をしているかのような雨が降り出しました。