« ベーシックは美しい。 | メイン | 家づくりは、森から始まる… »

森の恵みを、ネットワークする…

奈良県南部より産する吉野杉。節の目が混んでいて、色・香りともにすぐれた吉野杉は、育て伐り出すまでに多くの手間と時間を要し、まさに親子三代を超える丹精のたまものといわれています。
 木陽倶楽部の私たちは、林業家の皆さんと直接提携し、安定供給、安定価格の確立だけでなく、家づくりを通して、森を守り、生命の環境をはぐくむ運動として活動しています。そのためには、製材所、設計者、大工職人、工務店など、多くの力を終結させる必要があり、もちろん実際にお住まいになる方の参加もなによりのこと。お互いの素顔が見える信頼関係の中で木に寄せる思いを語り、熟練した技術を注ぎ込む。これらがひとつになって、木の家に本当の生命が吹き込まれていきます。
森と人とのネットワークが生む大きな力。それが木陽倶楽部の木の家づくりです。